シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXグルメTOPAsiaXグルメガイドミシュラン星付シェフによる独創的な料理

AsiaXグルメガイド

2017年6月23日

ミシュラン星付シェフによる独創的な料理

ラ・ベンターナ

スタイリッシュなレストランやショップが立ち並ぶデンプシーヒルに、2015年にオープンしたスペイン料理レストランのラ・ベンターナ。ミシュランで星を獲得した2人のシェフによる、本格的かつオリジナリティ溢れるメニューが魅力だ。

 

323web_Exterior_3

 

店は周囲を緑に囲まれた閑静な場所にあり、イベリコ豚やシーフードなど、こだわりの食材を使った本格的なスペイン料理を、前菜と合わせ約35品取り揃えている。地元のシンガポール人はもちろん、欧米系のほか日本人や韓国人など幅広い客層から支持されているという同店は、ビジネスからプライベートまで様々な機会に利用できる。

 

同店でシェフを務めるのは、ミシュランで星を獲得したロベルト・テラディロス氏とトニ・ゴンザレス氏。カンブリア海で採れる新鮮な魚介類などで有名な、スペインのサンタンデールで育ち、シェフとして豊富な経験を持つ両氏は今年来星、この5月に同店のメニューを全面的にリニューアルした。

 

323web_Chef-Toni2_IMG_7933
トニ・ゴンザレス氏
323web_Chef-Roberto-Terradillos_8
ロベルト・テラディロス氏

ロベルト・テラディロス氏は新メニューのコンセプトについて「伝統的なスペイン料理の味を大切にしつつ、新しい調理方法を取り入れている。スペイン料理の魅力をもっとシンガポールで広めていきたい」と話す。リニューアル後のメニューには、イカ墨を加えたライスパウダーをつけて揚げたイベリコ豚や、山羊乳のチーズを巻いたスモークトラウトなど、従来のスペイン料理とは一味違ったユニークなものが揃う。

 

本場の味を追求する同店では、イベリコ豚やアンチョビなどのシーフード、チーズなど、食材のほとんどをスペインから取り寄せている。ワインもスペイン産のものを約100種類取り揃えており、お酒のレパートリーも豊富。ソムリエが料理に合ったものを選んでくれるのもポイント。

 

閑静なデンプシーヒルにある同店。都会の喧騒から離れ、落ち着いたひとときを過ごしたい、という人には特におすすめだ。腕利きのシェフが、スペインの食文化を体験できる旅へと誘ってくれるだろう。

 

緑の中でリラックス、カクテルレセプションも開ける屋外席

323web_Private-Dining-Area

 

約55人が利用できる屋外席。カクテルレセプションも開くことができ、ビジネスミーティングだけでなく各種イベントなど幅広い用途に利用できる。周辺には緑も多く、静かな空間の中で気分転換も図れるだろう。さらに店の奥には、16人まで利用できるプライベートエリアがあり、高級感溢れるテーブルや椅子を備えている。VIPのおもてなしにも最適といえそうだ。

 

おすすめメニュー

323web_Iberian-Presa-Charcoal-Fried,-Carrot-&-Toasted-Coffee_1
イカ墨で染めたライスパウダーをつけて揚げたイベリコ豚。ライスパウダーのクリスピーな食感を楽しめるとともに、キャロットピューレが味にアクセントを加えている。
323web_Sarmon_IMG_9398
トラウトのマリネで山羊乳のチーズを巻き、ビーツやオリーブのピューレ、レモンソースなどを添えた一品。チーズとレモンの酸味によるハーモニーが絶妙。

フリーワードで探す

エリア・ジャンルで探す

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXグルメTOPミシュラン星付シェフによる独創的な料理