シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXグルメTOPAsiaX オススメのお店Heart of Darkness

AsiaX オススメのお店

2019年12月28日

Heart of Darkness

ハート・オブ・ダークネス

30種類のビールのタップがずらりと並ぶ!
ベトナム発の上質クラフトビールを楽しむ

 タンジョン・パガー駅から徒歩数分、ショップハウスが立ち並ぶトラス・ストリートに2019年7月、クラフトビールが楽しめる「Heart of Darkness」がオープンした。店内にはカウンター越しに30種類のタップが並ぶ。
 

 
 初めて来店するなら先ずは小グラスで様々なビールを味わえるFlight of 4(S$25++)Flight of 6(S$35++)を頼んで自分のお気に入りを見つけるのがおすすめ。11種類のコア・レンジの他にリミティッド・リリース、ゲスト・タップ、ローカルコラボなど数ヵ月毎に入れ替わる。また醸造所では計約100種類のビールを製造しているので、毎回訪れる度に新たなビールとの出逢いが待っている。
 同店の特徴は、東南アジア産の材料を使ったクラフトビールが楽しめるところ。例えば1月から新しいメニューに加わるシーズナルメニュー、Hot & ColdChili Pilsnerに使用される唐辛子は、ベトナムの小さな農家から仕入れているという。口当たりは柔らかく、フィニッシュに辛さを味わえるビールに仕上がっているので是非お試しを。
 
ジョンさん(共同経営者兼CEO)
元々はビジネスマンだったジョンさん。大の読書・映画鑑賞好きで、店名も小説から。メニューも映画や小説からアイデアが浮かぶという。
 
 創業者兼オーナーのジョンさんは英国人。NY在住中にクラフトビールの素晴らしさ、その精神に出会い夢中になったという。その後、駐在で中国へ移動。中国で自分好みのビールになかなか出会えなかったのが後の転機に繋がる。ある日、友人がホームメイドのインディアン・レッドエールを持って来てくれたのがきっかけでクラフトビール作りに挑戦した。その後転勤でベトナムに異動したジョンさんは、自宅の主寝室をビール醸造のためのブルワリーに改造し、週末は殆どビール作りに没頭したそうだ。そこで誕生したインディアン・ペール・エール(IPA)とペール・エールが現在店のコア・レンジに並ぶKurtz’s Insane IPA(スモールS$10++、スタンダードS$15.5++、パイントS$19++)とPitiless Folly PaleAle(スモールS$9++、スタンダードS$13.5++、パイントS$17++)だ。ビールの名前は彼の趣味である読書・映画鑑賞・旅からヒントを得たものも多い。彼の情熱と愛情がたっぷり注がれたビールをまずは一度味わってみて!
 

Heart of Darkness × 接待 活用のポイント


 ビール好きが集まったらお気に入りの一杯を見つけ是非訪れて欲しい。大人数なら奥のソファー席がオススメ。数人ならカウンター席で、タップからビールが注がれる様子を間近で見ながらビール談義に花を咲かせるのもいい。フードメニューのオススメは焼き鳥コンボ(16本:S$40++)。チョリソ・ソーセージ・ロール(S$15++)は手作りで意外にあっさりした味でビールにも合う。

 

おすすめメニュー

Kurtz’s Insane IPA(スモールS$10++、スタンダードS$15. 5++、パイントS$19++)
バランスが取れたビール。後味はグレープフルーツと松の香り。
The Island IPL(スモールS$10++、スタンダードS$15. 5++、パイントS$19++)
黄金色にクリーミーなホップ。バランスが取れた飲みやすいソフトボディビールで、柑橘のほのかな香りが楽しめる。
 

Heart of Darkness

【住所】55 Tras Street Singapore 078994
【営業時間】11:00 ~ 24:00 年中無休
【Tel】6208-7940
【URL】heartofdarknessbrewery.com
【Facebook】heartofdarknessbrewerySG
【Instagram】instagram.com/heartofdarknessbrewery
 
デスモンドさん(バー・マネジャー)
ビールの知識が豊富。
「メニューのことで分からないことがあれば、何でも気軽にお声掛け下さい!」

フリーワードで探す

エリア・ジャンルで探す

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXグルメTOPHeart of Darkness