シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOP日本にマリーナベイ・サンズ スタイルの統合型リゾートを

トップインタビュー

2018年5月27日

日本にマリーナベイ・サンズ スタイルの統合型リゾートを

マリーナベイ・サンズ社 社長 兼 CEO ラスベガス・サンズ社 グローバル開発マネージング・ダイレクター ジョージ・タナシェヴィッチ氏

日本で4月27日、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)実施法案が閣議決定された。日本でもシンガポールやマカオのような、ホテル、ショッピングモール、劇場などのエンターテインメント施設、コンベンションセンター、そしてカジノが1ヵ所に揃った「統合型リゾート」(IR)の出現が現実味を帯びてきた。マリーナベイ・サンズの経営母体であるラスベガス・サンズは、日本でIRの建設が可能になり、建設地が大阪の埋め立て地ゆめしま夢洲に選定されるなら、最大100億USドル(約1兆900億円)をかけたIRの建設が可能だと公言している。マリーナベイ・サンズの社長兼CEOで、ラスベガス・サンズの海外開発担当責任者も兼任するジョージ・タナシェヴィッチ氏に日本進出の展望を聞いた。

 

 

―ラスベガス・サンズは、日本でIR建設が可能になり、その場所に夢洲が選定されればマリーナベイ・サンズの2倍近い額の投資をすることが可能であると言われていますが、どのようなものにするか、すでに構想はありますか。

詳しい構想はまだです。たくさんの要素が絡み合うため時間のかかる事柄ですし、何よりまずは、夢洲にどのようなIRが建設可能となるか、アクセスはどうなるかなど、これから整備される環境を、細かい点も含めて見極める必要があります。

 

マリーナベイ・サンズは、ホテル、ショッピングモール、美術館、コンベンションセンター、カジノが一体となった巨大IR

 

―マリーナベイ・サンズは外国人訪問客をターゲットにしているように見受けられます。ラスベガス・サンズが日本で考えている計画も外国人客をターゲットにしたものになりますか。

日本政府の考えるIR計画は、連鎖的に外国人訪問者数を増やし、経済を活性化させることが目的とされています。ですから、まず、購買力が十分にあり、日本の経済発展に貢献できる外国の人たちに魅力を感じてもらえるようなものを、と考えます。しかし、もちろん「統合型リゾート」ですので、MICE(国際会議・展示場)施設を併設しますし、日本の方にも来ていただけ、外国の方、日本の方、ともに喜んでもらえる内容の造りにしたいとも思っています。

 

―もし日本にラスベガス・サンズのIRが建設されることになったら、日本の人たちにはどのようなメリットがありますか。

大型IRを導入することにより、日本の方に幅広い職種でキャリアを磨いていただくことができます。ここマリ―ナベイ・サンズでは650に上る職種の人たちが働いています。現在日本は人手不足と言われているので、私たちにとっては挑戦を強いられることになるでしょうが、政府と協力し、高いレベルのサービスを提供できる人材を探し、育てる方法を模索したいと思っています。

 

また、日本の方々には、お客様の立場としても、新しいタイプのエンターテインメントが現れることになります。レストランは、まだ日本にないタイプのものや、日本では紹介されたことのないシェフが 腕を振るうような魅力的なものになりますし、ショッピングモールにも、日本未上陸のブランドを入れますので、存分に楽しんでいただけることと思います。

 

―北海道や九州の都市などもIR候補地として手を挙げていますが、大阪以外の都市へも進出の意向はありますか。

 私たちのビジネスモデル、投資回収の構想が当てはまるのは日本の大都市になりますので、進出の候補地は東京、横浜、大阪です。他の候補地が良くないというのではなく、IRのタイプが異なるものになるため、ラスベガス・サンズの進出対象にはならないということです。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOP日本にマリーナベイ・サンズ スタイルの統合型リゾートを