シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOP大量消費型でなく自己表現のためのジュエリー、ロンドンで修行を積ん...

シンガポールEYE

2018年4月30日

大量消費型でなく自己表現のためのジュエリー、ロンドンで修行を積んだデザイナーによる人気ブランド

シンガポールでよく見かけるジュエリーブランドは、小ぶりのシルバーやゴールドなど小さくて可愛らしい、所謂“主張しない”デザインのアイテムばかり。でも『Asia X』読者には、かわいいだけのジュエリーはもったいない!そこで、もっと先鋭的で自立した女性に似合うスタイルを提案する、今シンガポールのポップアップマーケットで引っ張りだこのファッション・ジュエリーブランド『ARIEL.C(アリエル・シー)』を紹介したい。ロンドンの大学で学んだ後、シンガポールでオリジナルブランドを立ち上げたシワ・アリエル・チェンさんに話を聞きました。

 

―ARIEL.C創業に至るまでの経緯を教えて下さい。

シンガポールのファッション業界で数年働いた後、イギリスの『ロンドン・カレッジ・オブ・ファッション(ロンドン芸術大学)』にファッションジュエリーの学位取得のため留学しました。最終学年在籍時に自分のブランドを立ち上げ、卒業後シンガポールに帰国。ファッションの最先端だったロンドンからの帰路では、小さな未知の市場に帰るようで複雑な思いがありました。シンガポールの市場について、またローカルアーティストやデザイナーへのサポート体制が十分かどうかよく分からなかったためです。それでも挑戦することを決めました。ロンドンで見たようなジュエリーのバラエティーの豊富さは、同じスタイルに傾倒するシンガポールでは見かけないものです。私のブランドで提案するデザインも、シンガポールの人にとって初めて見るような、個性的で先鋭的なスタイルです。

 

―ARIEL.Cのジュエリーの特徴やこだわりは?

まずは、タッセルモチーフ。2015、2016年頃からよく見かけるようになりましたが、私の提案するタッセルモチーフは、ローズクウォーツやパールなどの半貴石と合わせて、ポンポン飾り、レース、バラ飾りなど遊び心あるエレメントと組み合わせるため、外見はユニークです。硬い素材と柔らかい素材を組み合わせて、質感にもこだわっています。個人的には、ガーリーなものよりもエレガント、エッジーなスタイルが好きで、私のジュエリーにもその好みが反映されています。そして環境に優しい素材や、スロー・ファッションにこだわっています。

 

 

 

―スロー・ファッションにこだわる理由を教えてください。

今、巷にはファストファッションがあふれています。低いコストでの大量生産で生産スピードを上げるために、製造過程や素材が環境にやさしいとは言えないことが問題視されています。消費者はまた、ファッションアイテムが“使い捨て”という意識を持つようになります。大量消費の末の大量廃棄の流れは、地球環境にとって望ましくありません。そのため、私はスロー・ファッションを支持しています。私のジュエリーは一つ一つデザインが異なり、ハンドメイドで素材も環境にやさしいものを使用していますし、地球環境保護が作品作りのインスピレーションとなることもあります。お客様は人と違うジュエリーを付けることに特別感をもち、自分の個性を語るようなジュエリーだと感じる、これがスロー・ファッションのもたらす良い効果なのです。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOP大量消費型でなく自己表現のためのジュエリー、ロンドンで修行を積ん...