シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPフードコートやコーヒーショップで、1月1日からテーブルのポイ捨て...

政治

2021年12月30日

フードコートやコーヒーショップで、1月1日からテーブルのポイ捨て規制が始まる

 ホーカーセンターでは、5人に4人以上が使用済みの食器をトレーに載せて返却しており、今年9月に厳しいテーブル・ポイ捨て規制が施行される前に比べ、顕著に改善されている。
 
 2022年1月1日(土)にフードコートやコーヒーショップで同様のルールが施行されるのを前に、エイミー・コー上級国務大臣は、飲食客は自分たちの後始末をする責任を自覚し、進んで後始末をするようになっているようだと述べた。
 
 ホーカーセンターで、2回目の違反者には300Sドル(約2万6,000円)の組成罰金、再犯者には最高2,000Sドル(約17万円)の法廷罰金を課す以前は、3人に1人しかトレーを返却していなかったという。
 
 コー氏は、12月30日(木)にHillion MallのKopitiamフードコートとBlock 163A Gangsa RoadのChoh Dee Placeコーヒーショップを訪れ、食堂や露店の店主に使用済みの食器をトレーに乗せて返すことの重要性について話した後に記者会見に臨んだ。
 
 2ヵ月間の勧告期間を経て、1月1日(土)からフードコートとコーヒーショップでもトレーの返却が義務化される。シンガポール全土にある114のシンガポール環境庁(NEA)が運営するホーカーセンターで、トレイ返却のルールを破ったとして、これまでに文書による警告を受けたのは1人だけであるという。
 
 コーヒーショップやフードコートの約400店舗が、NEAのクリーン・テーブル・サポート・スキームに参加し、トレイリターン設備を増やしている。この制度では、コーヒーショップやホーカーセンターは、1店舗あたり2,500Sドル(約21万2,000円)を上限に、発生した費用の50%まで支援を受けることができる。
 
 シンガポールには、コーヒーショップが約1,120店、フードコートが約220店あり、7月にはわずか20%であったが、現在は約99.6%がトレイリターン設備を導入している。また、フードコートやコーヒーショップでは、セーフディスタンスアンバサダーとシンガポール食品庁(SFA)の執行官が配備され、トレーや食器、テーブルの上のゴミを片付けるよう利用者に呼びかける予定である。テーブルのゴミとは、使用済みのティッシュ、ウェットティッシュ、ストロー、缶飲料、ペットボトル、食べ残しなどを指す。
 
 2ヵ月間の勧告期間中の清潔さについて、コー氏は、お客さんや出店者、コーヒーショップの経営者は、環境がより清潔になり、害虫の被害も少なくなったと感じている。当初は、お客さんに迷惑がかかるのではないか、商売にならないのではないかと心配されていたが、きれいなテーブルを早く回転させることができ、清掃員もテーブルの消毒に集中できるため、役に立っているという。しかし、体の弱い高齢者や障害者、小さな子供など、明らかにトレイを返すことができない人に対しては、家族や同伴者に手伝ってもらい、強制捜査は行わないと断言した。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPフードコートやコーヒーショップで、1月1日からテーブルのポイ捨て...