シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPイスタナ公園を拡張、植物園からパールズ・ヒル公園間に緑道

建設

2020年2月14日

イスタナ公園を拡張、植物園からパールズ・ヒル公園間に緑道

 国立公園管理局と都市再開発庁(URA)は13日、イスタナ(大統領府所在地)前のイスタナ・パークを拡張し、またシンガポール植物園(ボタニック・ガーデン)からオーチャード、イスタナ公園を経て、観光地のフォート・カニング、さらにはシンガポール川を越えパールズ・ヒル・シティー・パークに至る緑道を整備すると発表した。
 
 これに伴いオーチャード・ロード沿いの緑化を進める。植物園からシンガポール川までの距離は6キロ。ローレンス・ウォン国家開発相は「緑のオアシスを町中に作り、住むのに快適な国づくりに役立てる」と述べた。
 
 イスタナ公園(1.3ヘクタール)を、ドビー・ゴート・グリーン、ペナン・ロード・オープン・スペースと統合し、3倍の面積にする。蘭をテーマにした公園とし、家族が楽しめるよう水遊び場を設ける。
 
 オーチャード・ロードを通る自動車はカベナ・ロードの地点でペナン・ロードに進路変更させ、イスタナ前は一般車両の通行をなくす。
 
 オーチャード・ロード、緑道にはブーゲンビリア、チョウジノキ(クローブ)、ナツメグを植える。公園局の政策・企画担当者は「オーチャード・ロードを歩く楽しさを提供したい」と語った。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPイスタナ公園を拡張、植物園からパールズ・ヒル公園間に緑道