シンガポールのビジネス情報サイト AsiaX熱帯綺羅TOPシンガポーリアンを虜にする「Singapore Pools」の秘...

熱帯綺羅

2016年10月17日

シンガポーリアンを虜にする「Singapore Pools」の秘密

『One ticket wins $7. 88 million TOTO Jackpot』(1枚のチケットで788万Sドルの大当たり)。今年9月22日、こんな記事が新聞などに掲載され話題になりました。「Ticket」とはシンガポールの人々に広く愛されているTOTOくじのことで、今年3回目の高額当選が出たというのです。

 

皆さんも街中で「SingaporePools」と書かれた赤い看板の窓口の下に長い行列を作ったり、コンビニ内にある販売カウンターの前で熱心にシートとにらめっこしたりする人々の姿に目を止めたことはないでしょうか。今回は多くのシンガポーリアンを虜にする「Singapore Pools」について調べてみました。

 

312web_main

「Singapore Pools」の売り場は街中のいたるところにあり、公式サイト内からも検索できる。

 

数字を選ぶ方式からスポーツくじまで

TOTOといえば日本ではサッカーくじとしておなじみですが、シンガポールでもポピュラーな公営くじの一つ。このほか4桁の数字を選ぶ4D、7桁の数字が印字されたシートを購入するSingapore Sweep(Sweepは勝利の意)、サッカーリーグの勝敗を予想して買うスポーツくじなどを総称する「SingaporePools」はこの国の庶民に最も愛される娯楽の一つといっていいでしょう。街中の店舗やコンビニで手軽に購入できることから、会社帰りのOLからお年寄りまで幅広い年齢層の人々に根付いています。
SingaporePoolsを運営するCommunityPartnership&Communicationの公式サイトによれば、この公営くじが売り出されたのは1968年。当時問題になっていた違法賭博を牛耳るシンジケートを駆逐する目的で始まったようです。TOTOを皮切りに4Dは1986年から、1999年には在星のサッカーリーグの支援を目的にサッカーくじが発売されました。さらに今年10月25日からは新たにウェブサイトでくじを購入できるサービスが開始されます。

 

「蟋蟀」(コオロギ)を戦わせる賭博が中国で過熱化しているニュースが昨年話題になりましたが、この「闘蟋」は一説には唐の時代より1,000年以上の歴史を持つもの。 賭博と文明の歴史は不可分ですが、華人系が人口の約70%を占めるシンガポールでも一攫千金の夢があるSingapore Poolsは庶民を虜にしたのでしょう。

 

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaX熱帯綺羅TOPシンガポーリアンを虜にする「Singapore Pools」の秘...