シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP「国際結婚」日本人&シンガポール人カップル編

シンガポールモザイク

2012年6月18日

「国際結婚」日本人&シンガポール人カップル編

多民族国家シンガポールでは、異民族同士のカップルや外国人がパートナーというカップルも決して珍しくない。異民族同士の結婚は年々増加傾向にあって、統計局のデータによると2010年にはシンガポールで結婚したカップルの2割を占めた。一夫多妻制のイスラム教徒だけを見ると3割以上になる。シンガポールに住む日本人にも民族・国籍・宗教などが異なるパートナーと結婚している人は多い。今回は、日本人とシンガポール人のご夫婦3組が登場。家族として共に暮らしている皆さんに以下の質問をしてみた。さて、返ってきた答えは?

 

 

Q1: 知り合ったきっかけを教えてください。
Q2: 結婚してから相手の行動や考え方で驚いたことは?
Q3: 相手の文化で良いと思うことは何ですか?
Q4: 夫婦の間での会話は何語ですか?
Q5: 家族の食事はどんなものが多いですか?
Q6: 今はシンガポールに住んでいますが、将来はどこに住みたいですか?
Q7. 今のパートナーと結婚して良かったことを教えてください。

 

=夫の回答 =妻の回答

 

 

森夫妻の場合

 

スクリーンショット 2015-06-30 8.28.42

夫:裕司さん

妻:瀬理奈(Serena)さん(マレー系)

結婚5年目。2007年にビンタン島のゴルフ場で挙式。裕司さんが1997年にシンガポールで設立したゴルフショップ「YUJI GOLF」を夫婦で経営。

Q1
「ナイショです(笑)」 「2001年ごろにシンガポールで知り合いました」
Q2
「きれい好きなことですね。自分では片付けたつもりでも、ダメ出しがよくあります(笑)」 「自宅にあった本の多さに驚きました」
Q3 
「家族や親戚を大事にするところですね。付き合いの濃さは良し悪しですが(笑) 親戚でバーベキューをやると30〜40人集まります」 「日本人の相手を思いやる言葉づかいやマナーっていいですね。自分がガマンをしても相手を尊重したり。日本の歴史も興味深いです」
Q4 
「日本語が6割、英語が4割ぐらい。台湾にいたので中国語も話せますが、マレー語を覚える予定はありません(笑)」 「日本のテレビドラマを見て日本語を覚えました」
Q5 
「食事は仕事が終わってから自宅で私が作ります。お義母さん直伝の森家のお味噌汁の作り方も覚えました。新しい日本食レストランに行ってみたり、お客さんとの会食などで外食することもあります」
Q6 
「仕事のベースがあるのでここに住んでいますが、ゆくゆくは九州の田舎とか、沖縄に住みたいですね」 「彼が行くところについて行きます。田舎で水がきれいなところが良いです」

スクリーンショット 2015-06-30 8.28.50Q7

「私達(ムスリム)は旦那さんのことを外で言わないので……ゴメンナサイ」 「ケンカが少ないことですね。日本人同士だとぶつかってしまうようなことでも、文化的な背景が違いすぎるとケンカにもならなかったり(笑) そこに救われている部分はありますね」

 

 

 

アン(Ang)夫妻の場合

スクリーンショット 2015-06-30 8.28.57

夫:バーナード(Bernard)さん(中華系)

妻:ゆかりさん

結婚8年目。今年4月にバーナードさんが会社を立ち上げたばかりで、ゆかりさんがサポートしている。2歳の双子姉妹の子育てにも夫婦で奮闘中。

Q1
「友人に連れられて初めてシンガポールに遊びに来た時に出会いました。彼女はシンガポールに良く旅行に来ていて知り合いも多く、彼も友達の1人でした。1年半ほどの遠距離恋愛の末、結婚が決まってシンガポールへ来ました」
Q2
「結婚前に一緒に過ごした時間が短かく、何もかもすべてが初めて。何とか合わせることに一生懸命でした」 「食事も生活の仕方も服の選び方も、全然違うと思いました」
Q3
「相手の時間や手間を尊重する考え方や時間を守ること、モノを大切にするところなどですね」
Q4
「僕は日本語が話せないので(笑)、英語です。子供とも英語で話します。妻は日本語でも話しかけています」
Q5
「私が作るので日本食っぽいものが多いですね。たまに中華風のスープを作ったりもします」 「え、あれも日本食っぽいよ(笑)」
Q6
「子供の教育はシンガポールで受けさせたいと考えています。子供が学校を卒業したら違うところに住んでみてもいいですね。カナダとかニュージーランドとか」 「ホントに~?(笑)一年を通じて温暖で子育てもしやすいので、シンガポールに住んで良かったと思います」

スクリーンショット 2015-06-30 8.29.06Q7

「夫がとても協力的で、家事や子育てを一緒にやれることですね。ひとりで双子を見るのは絶対無理(笑)」 「生活習慣などの違いからいろいろ学べることです。意見が異なることもありますが、お互いに話して納得できる点を探ればいいと思っています」

 

 

 

 

ジョセフ(Joseph)夫妻の場合

スクリーンショット 2015-06-30 8.29.12

夫:レネ(Rene)さん(インド系)

妻:裕美さん

結婚5年目。共に大学時代を過ごしたニュージーランドへ家族で移り住み、5年ほど過ごした後、昨年末にシンガポールへ戻ったばかり。5歳の一人息子ミケシュ(Mikesh)くんと3人暮らし。

Q1
「大学内の図書館で何度か顔を合せていて、ある時彼に『日本人ですか?』と尋ねられたのがきっかけで話すようになりました」
Q2 
「付き合っている時は違いを感じなかったのですが、子供が生まれて、子供の扱い方や育て方で互いの文化の違いを実感しました。彼の家は代々敬虔なカソリック信者。また、彼のお母さんもお姉さんも『女性は家庭にいるもの』というちょっと古風な感じだったのが意外でした」
Q3
「日系企業で数年働いたことがあり、日本人は忠誠心が強く、正直で、誠実だと感じました。この3つは僕にとっても大事です」 「インドの服飾の色やデザイン、刺繍の美しさに魅了されています。家族への愛情の深さや、自分の文化を大切にするところも良いですね」
Q4
「夫婦の間では英語で、息子には日本語でもよく話しかけています」
Q5
「夫はインド料理、私は和食を作ることが多いのですが、パスタなども作りますし、外食も楽しみます。プラナカン料理も好きですね」
Q6
「家族でニュージーランドに暮らしてみて、息子にはシンガポールの教育を受けさせたいと思うようになりました。良し悪しではなく、私たちにはこちらの方が好ましいな、と。今後のキャリアなども考えて、シンガポールに戻ることにしました。将来どこに住むかはわかりません」

スクリーンショット 2015-06-30 8.29.18Q7

「文化的な多様化に貢献できているのではないかと。意見が違うことから得られるものも多い。人生がより豊かなものになっています」 「問題はたくさんあって大変(笑)。でも、乗り越えるごとに視野が広がり、自分の世界が大きく豊かになっていく喜びも大きいです」

この記事は、シンガポールの日本語フリーペーパー「AsiaX Vol.214(2012年06月18日発行)」に掲載されたものです。
文= AsiaX編集部

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP「国際結婚」日本人&シンガポール人カップル編