シンガポールのビジネス情報サイト AsiaX熱帯綺羅TOPプレイグランウンドの今昔 コミュニティと人の心の真ん中に

熱帯綺羅

2018年7月25日

プレイグランウンドの今昔 コミュニティと人の心の真ん中に

シンガポールで生まれ育った人々ならではの原風景を辿ると、我々外国人にはピンとこないものに遭遇することがあります。国民の8割以上が暮らすHDB団地(シンガポール住宅開発庁による集合団地)の一部として欠かせないプレイグラウンド(遊び場)は、そのひとつといえるでしょう。

 

トアパヨにある通称ドラゴン・プレイグラウンド(場所:Blk 28 Toa Payoh Lorong 6)。ドラゴンの内側は青、外側は赤のタイルを施し陰と陽の要素を取り入れ、カラフルなパイプ製の胴体が頭から尻尾までをつなぐ。©National Museum of Singapore

 

シンガポール国立博物館でプレイグラウンドを回顧する展覧会を開催

現在、シンガポール国立博物館では、「The More We Get Together: Singapore’s Playgrounds 1930 – 2030」展を開催中(~9月20日まで)。国内でのプレイグラウンドの事始めから、建国期のコミュニティ醸成への関わり、現在から未来へあるべき姿を模索するところまで垣間見ることができます。20世紀初頭の旧英国植民地時代のシンガポールは、国の近代化と共に移民が激増して住環境を悪化させ、子供たちが安全に遊べる場の確保すら難しくなりました。道路沿いや工事現場近くで外遊びをする子供たちの安全を憂う両親からの新聞投稿をきっかけに、ビジネスマンたちの寄付による基金が立ち上がり、1928年頃公共の広場にシンプルな遊具を導入した最初のプレイグラウンドができました。その動きはシンガポール改良信託(SIT: Singapore Improvement Trust、HDBの前身)の公共団地に受け継がれ、1965年の建国以降のHDB団地にも標準設備として設置されてきました。

 

1970年代に入り、HDBの意向で地元住民のアイデンティティに繋がるシンガポールらしいモチーフをプレイグラウンドのデザインに導入する流れに。ドラゴン、鳩、スイカやマンゴスチンといったトロピカルフルーツなどを象ってモルタルにモザイクを施した遊具は、特に住民に親しまれました。残念ながら1990年以降の安全規定の見直しに伴いその数は激減し、現在では砂場の代わりにウレタン樹脂系舗装材が敷かれ、安全な設計、塗料や素材からなる遊具が導入されています。海外または地元デザイナーによる新たな発想が取り入れられ形は変われど、住民が憩い交流する場の意味に変わりはありません。近い未来に実現すべきプレイグラウンドのデザイン公募を呼び掛けて、展覧会は締めくくられています。

 

2羽の鳩のプレイグラウンド(場所:Blk10 Dakota Cresent)。再開発の予定でこの地域の住民は2016年末で退去。遊具の保存については未定。
シンガポール住民の心をくすぐるデザインが、ドアストッパー、バッジやカレンダーに。

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaX熱帯綺羅TOPプレイグランウンドの今昔 コミュニティと人の心の真ん中に