シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP通信大手マキシスと華為が提携、5G網整備へ

通信
IT

2019年10月7日

通信大手マキシスと華為が提携、5G網整備へ

 
 通信機器で中国最大手の華為技術(ファーウェイ)は10月3日、マレーシア通信キャリア大手のマキシス・コミュニケーションズと業務提携し、現地で5Gネットワークを構築すると発表した。複数のメディアが4日付で報じたもの。契約式典にはマレーシアのマハティール首相も出席した。
 
 両社は3日付で正式契約を締結。同契約に基づき、華為はマキシスに対し、通信設備、サービスを提供する。マレーシアでの5G設備の設置、運営、新技術の応用を後押しする構えだ。
 
 両社の業務提携に関し、マハティール首相は「マレーシアのデジタル経済発展を支援するもので非常に喜ばしい」とコメント。「将来は5G技術がすべてのマレーシア人に普及し、製造業、農業、医療保険などのコア産業を変革するエンジンとなり、マレーシアのグローバル競争力の維持につながる」と述べた。
 
 マハティール首相は今年5月、日本で開催された第25回国際交流会議「アジアの未来」に出席した際、華為製品を高く評価。その技術を可能な限り採用する意向を表明していた。
 
(提供:亜州ビジネスASEAN

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP通信大手マキシスと華為が提携、5G網整備へ