シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPたばこ関連品を網羅する法案を年内に策定、電子たばこも規制対象

政治・社会

2019年4月10日

たばこ関連品を網羅する法案を年内に策定、電子たばこも規制対象

 
 ズルキフリ・アハマド保健相は4月8日、電子たばこを含むすべてのたばこ商品、禁煙区実施に関する規制、規則を盛り込んだ包括的法案を年末までに策定し国会に提出すると発表した。
 
 装置内の液体(リキッド)を電気加熱させ、発生する蒸気を楽しむ製品「電子たばこ」や細い葉巻は紙巻きたばこの定義から外れているため、現行法のたばこ商品管理規則の適用を受けない。このため電気たばこ、細い葉巻も規制対象とするよう求める声が健康推進団体からあり、たばこ規制のための活動を展開している女性団体理事で元保健省職員のザリハー・ザイン氏が政府に、包括的法律の策定を求めていた。
 
 マレーシアたばこ規制委員会も、電子たばこは価格が手ごろなため若者の入手が容易とし、禁止を政府に働き掛けていた。
 
 レストラン・飲食店での禁煙は予定どおり7月から実施される。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPたばこ関連品を網羅する法案を年内に策定、電子たばこも規制対象