シンガポールのビジネス情報サイト AsiaX表紙の人TOP轟 由佳利さん

表紙の人

Vol.288

2015年9月21日

轟 由佳利さん

Starts Singapore シニアマネジャー

AsiaX288_cover埼玉県出身。Starts Singaporeの親会社であるスターツコーポレーション株式会社(本社・東京)に新卒で入社。就職活動中に同社を知り、「人が、心が、すべて。」という企業理念と「スタートをアートする」という社名に込められた思いに共感して入社を決めた。入社後はやる気のある人間に仕事を任せるという社風が轟さんの向上心とマッチ。不動産業界において法人営業、店舗での個人向け営業、J-REIT(不動産投資信託)の運用会社業務秘書などさまざまな分野を経験した。海外のグループ会社を取りまとめる国際事業本部で研修企画などを担当するなかで、もっと現地のことを知りたいと社内のキャリアアップ制度に自ら志願し来星した。
「ストレスは解消するものではなく解決するもの」。そう語る轟さんは行動することが信条。問題があっても、どうしたら解決できるかを考え立ち止まらないことを心がけている。日本でとあるプロジェクトに参加した際もそうだった。名だたる大手企業の社員ばかりがメンバーとして顔を揃えるなか、思うように相手と渡り合うことができず忸怩(じくじ)たる思いをしたという。「それまで一人前に仕事ができる気でいましたが、自分はこんなに仕事ができないのか、と思い知らされました。井の中の蛙だったということがよくわかったんです」。このままではダメだ、と思った轟さんは、すぐにグロービス経営大学院MBAの体験入学に申し込んだ。講義を受けてみると、得たい分野の知識を面白いように吸収できる感覚があった。そのまま入学して本格的に勉強を開始、終業後や週末に勉強する生活を3年ほど続け、働きながらMBAを取得した。
当地では現地のスタッフとともにスターツが有する30拠点超の海外ネットワークとノウハウを活かし、会社の運営やマネジメントに携わっている。「自分のやり方が正しいのか迷うこともありますが、あまり抱え込まないようにしています。自分の周りは自分の鏡と思い、前向きに笑顔でいることを心がけています」。
今後は仕事を通じて、働く女性が世の中に増える一翼を担いたいという思いもある。当地でどんな結果を残せるか、新しいチャレンジが期待される。

この記事は、シンガポールの日本語フリーペーパー「AsiaX Vol.288(2015年09月21日発行)」に掲載されたものです。

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaX表紙の人TOP轟 由佳利さん