シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOP「クレイジー・リッチ!」なシンガポールの貧困問題

シンガポール星層解明

2018年9月28日

「クレイジー・リッチ!」なシンガポールの貧困問題

?ピックアップニュース
リー・シェンロン首相が建国記念日大会で演説、公営住宅・医療政策を詳説(2018年8月20日)
https://www.asiax.biz/news/47455/

原作者はシンガポール人、撮影もシンガポールで行われたハリウッドの新作映画「Crazy Rich Asians(邦題:クレイジー・リッチ!)」が人気を博している。映画で描かれているバブリーで金持ちなシンガポールとその国民のイメージに反せず、世界で最も裕福かつ先進的な都市国家となったシンガポール。しかしながら、国内では貧困が大きな社会問題の一つになっていることを知る外国人は多くない。本稿では、年を追うごとに存在感を増しているシンガポールの貧困問題やその背景にある社会的格差に加えて、シンガポール政府の対応策や今後の施政方針について考察していきたい。

 

「クレイジー・リッチ!」なシンガポール
1人当たりGDPは日本の2倍以上

8月15日に全米で公開されて以降、3週連続で第1位を獲得した大ヒット映画「Crazy Rich Asians」。ハリウッド映画として25年ぶりに主要な出演者がアジア系のみという点に加えて、原作者はシンガポール出身でありながら11歳で米国に移住して兵役の義務を果たしていないケビン・クワン、そして映画の舞台もシンガポールが中心であることから当地でも大きな注目を集めている。ニューヨーク大学で経済学の教鞭をとる中国系米国人のヒロインが、恋人と一緒に彼の故郷シンガポールを訪れ、そこで初めて彼がアジア屈指の大富豪の御曹司と知ることになり、孤軍奮闘していくという恋愛コメディーの本作。そのタイトルや内容から伝わってくるのは、バブリーで金持ちなシンガポールとその国民のイメージであるが、実際にシンガポールは世界でも裕福な国のひとつに挙げられる。

 

国際通貨基金(IMF)の推計によると、2018年のシンガポールの1人当たり国内総生産(購買力平価ベース)は9万8,014米ドル。日本の4万4,426米ドルの倍以上となっており、2023年までには11万7,534米ドルにまで成長するとみられている(図1)。購買力平価とは、物価や為替変動の影響を取り除いて算出された額であり、各国の実質的な購買力、すなわち「豊かさ」を計る基準とされる。参考までに、物価や為替変動などを考慮せず単純に米ドルに換算して比較した場合も、シンガポールの1人当たり国内総生産は4万6,569米ドルを記録した2010年以降、日本を上回っている(図2)。

 

 

シンガポールに存在する貧困問題
人口の20%は実質的に貧困層か

世界で最も裕福かつ先進的な都市国家であるシンガポール。しかしメディアで喧伝される紋切型のイメージや、観光客が一時的に滞在した際に垣間見る表層的なイメージとは裏腹に、シンガポールで貧困が大きな社会問題の一つになっていることは外国人にはあまり知られていない。

 

シンガポールは貧困ライン、すなわち生活をしていくために必要最低限の収入を政府が設定していない数少ない先進国のひとつである。世界銀行は昨年10月に、高所得国の貧困ラインを1人当たり1日21.7米ドルとすることを推奨しているが、仮にこの評価尺度をシンガポールに適用すると、シンガポールの人口550万人のうち、最大で20%は貧困層に当てはまるという指摘もある。1人当たり国内総生産が日本の2倍を誇る国にあって、20%にも及ぶ貧困層が潜在的に存在することは、シンガポールに貧富の格差が存在することに他ならない。

 

所得や資産の不平等あるいは格差を測るための尺度の一つであるジニ係数(完全平等社会は0、完全不平等社会は1)を参照しながら当地における貧富の格差を他の先進国と比較してみる。2007年から2017年にかけてシンガポールのジニ係数は0.388から0.356と下降してはいるものの(図3)、2017年時点で他国と比較すると、シンガポールのジニ係数は米国、英国に続いて高く、日本などに比べても貧富の格差が大きいことが読み取れる(図4)。

 

 

実際に、シンガポール人またはPR(永住権)保有者が世帯主である世帯における世帯人員1人当たりの平均月収を比較すると、上位10%の1万3,215Sドル(約106万円)に対して下位10%は554Sドル(約4万5千円)と、大きな隔たりが存在することが分かる(図5)。

 

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOP「クレイジー・リッチ!」なシンガポールの貧困問題