シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOP雅楽師 東儀秀樹さん 海外で「懐かしい」と言われる雅楽、国を超え...

スペシャルインタビュー

2017年1月1日

雅楽師 東儀秀樹さん 海外で「懐かしい」と言われる雅楽、国を超えた根源的な音楽の形

2016年11月30日、日本とシンガポールの音楽のコラボレーションコンサート「SG-JP Music Mix 2016」が、日本・シンガポール外交関係樹立50周年(SJ50)を記念して、ヴィクトリアコンサートホールで開催された。シンガポールから、ディック・リーやシャビル、オリビア・オンといった著名アーティストが、また日本からは雅楽師の東儀秀樹さんと、このコンサートのプロデューサーで、日星音楽親善大使でもあるシンガーソングライターのSachiyoさんが出演した。シンガポールでの演奏は今回が初めてという東儀さんに、国境を超えた雅楽の魅力や音楽への考え方などについて伺った。

 

316web_concert

Photo by Alfred Phang

 

―今回のイベントに参加するまでの経緯について教えてください。
SG-JP Music Mix 2016のプロデューサーを務めるSachiyoさんが、音楽を含めた僕の考え方に共感してくれたことがきっかけのようです。僕はこれまで、日本の文化を背負うことの責任や誇りについて、メディアでよく発言してきました。また幼い頃、海外に住んでいた経験から、日本の文化を大切にすることの重要性も理解しています。海外の方が持つ日本への誤解をなくしたいと思うこともあるし、日本の文化を正しく知ってもらい、その可能性にわくわくしてほしいと常々感じています。

 

それと同時に、雅楽について外国人や今の日本人にも聞きやすいテイストで伝えていきたいと思っています。雅楽というと堅苦しいイメージを持つ方もいるかもしれませんが、僕はもっと現代風のポップな演奏もするし、他ジャンルの音楽ともさまざまなコラボレーションをしています。特に今回のような国際的な交流イベントでは、海外のミュージシャンの方とのコラボレーションにはとても意義があると思っており、そうしたことに抵抗がないと思ってもらえたことも、僕に声がかかった理由なのかもしれませんね。

 

―国境を超えた雅楽の魅力や海外での受け止められ方についてどうお考えですか。
雅楽はそれだけでも音楽として成立しますが、工夫することでポップな音楽にも簡単に溶け込めます。古いものと新しいものを合わせるのは難しいというのは、現代の人の先入観でしかない。音楽とはもっと自由なもので、古いものでもそのテイストを生かしながら、新しいものに溶け込ませることはできるのです。海外でも、そういったことに気づいて興味を持ってくれる人も多いのかもしれません。

 

またアジアだけでなく、米国や欧州でも「懐かしい感じがする」と言われることが多く、雅楽には国を超えた根源的な音楽の形があると感じています。雅楽の楽器をジャズっぽく吹いたとしても、ちょっとした吹き方のニュアンスが楽器から太古の空気感のようなものを引き出してくれます。そういったところが懐かしいと言われる理由なのかもしれません。

 

雅楽は、日本で1000年以上前から全く変わらないものを途絶えさせることなく続けてきており、それが海外で驚異的と思われることが多いとも感じます。どんな国でも、1000年以上続いている音楽文化はなかなかありません。例えば米国には、ネイティブインディアンのフルートといった古い楽器がありますが、当時の吹き方は誰も知らず、楽曲も残っていません。こういったケースは多くの国で見られます。

 

―シンガポールでもアートやカルチャーへの関心が高まりを見せています。こうした状況をどのようにご覧になっていますか。
シンガポールは多民族国家で、異なる考え方の人が集まっています。こうした中、さまざまなものを受け入れ、尊重することが求められる社会なのではないかと感じています。多様な価値観を認め合うことができるという意味で、アートの発展性もあると思います。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOP雅楽師 東儀秀樹さん 海外で「懐かしい」と言われる雅楽、国を超え...