シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOP革新的な製品でくらしを便利に シンガポールとともに成長してきた5...

シンガポールEYE

2015年10月5日

革新的な製品でくらしを便利に シンガポールとともに成長してきた50年

花王シンガポール(コンシューマープロダクツ)社長 ロナルド・ヨン(Ronald Yong)氏

― 「Kao」のロゴはシンガポールでもよく見ますし、ブランドが浸透していると感じます。実際アジアでの売り上げは好調に推移しています。花王グループ全体での花王シンガポールの立場や存在感に変化は感じられますか?

花王グループ全体のグローバル戦略においてシンガポールは重要な役割を担う市場に育ってきました。その中で我々の存在感も高まっているのを強く感じます。シンガポールの消費者は先進性、革新性のある製品に敏感であることから、花王グループにとってもさまざまなデータを収集する拠点としての役割を持つ市場となっています。このシンガポール市場でさらに成長を拡大させることが私の使命です。

―そのための具体策や今後50年の花王シンガポールの目標を教えてください。

「革新性」というキーワードは今後も変わりません。シンガポールの暮らしを便利にしていく先進的な製品を届け続けることが我々の使命であり目標です。お届けする方法としてこれまでと違ったアプローチも考えています。例えば、HDB(公団住宅)などの集合住宅に入居が決まったご家庭に、花王製品の詰め合わせバッグを配るといった、弊社製品の良さを知ってファンになってもらうためのサービスを進めているところです。50年後も「花王はいつも新しいものを出してくる」といった革新的なイメージを持ち続けられる会社でいたいですね。

―最後に、シンガポール在住の日本人へのメッセージをお願いします。

以前はシンガポールで使いやすい日用品が手に入らず、日本へ一時帰国したときに買って帰ってくるといった話を聞いたことがあります。そのような不便なことがないよう、弊社は便利で信頼できるクオリティの高い日用品を今後も提供していくことをお約束します。どうぞ安心してシンガポールライフを楽しんでください。

289web_kao-0775-2ロナルド・ヨン(Ronald Yong)
シンガポール生まれ。1980年に花王シンガポール入社。営業マンとして現場経験を積みながら営業力や販売ネットワークの強化で実績を上げ、シンガポールの消費財市場における花王のブランド力向上に貢献。2012年社長に就任し、消費財業界における35年間の豊富な経験を武器にアジアでのグローバル成長戦略の陣頭指揮をとる。趣味はバドミントンだが、社長就任後は日々忙しいため時間がとれるときは妻の買い物に付き添い、「目下の趣味は『妻孝行』です(笑)」。一男一女の父。子供は2人ともマーケティングの仕事をしており、アドバイスを求められることも多いという。(写真提供:花王シンガポール)

(取材・写真 安部 真由美)

この記事は、シンガポールの日本語フリーペーパー「AsiaX Vol.289(2015年10月05日発行)」に掲載されたものです。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOP革新的な製品でくらしを便利に シンガポールとともに成長してきた5...