シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP家具のカンディハウス「FUNAN」に拡張移転、リニューアルオープ...

日系企業

2019年9月9日

家具のカンディハウス「FUNAN」に拡張移転、リニューアルオープン

 
 家具メーカーのカンディハウス(本社:北海道旭川市)は、9月5日にショッピングモールの「Funan(フナン)」の4階にショップ「CONDE HOUSE Singapore」を移転、店舗面積を拡張してリニューアルオープンを果たした。
 
 市街中心地に今年6月にリニューアルオープンした商業施設、フナンの4階に約200平方メートルの売り場面積を確保。これまでの商品展示による販売スタイルから、より体験重視、ライフスタイルを提案する型への商品提供を行っていく。同社の藤田哲也社長は「これまでも好調に売り上げを伸ばしてきたディーラーが、店舗を移転して益々パワーアップしています。さらに多くの方々に我々の製品を体感してほしいと思っています」と述べた。
 
 同社は販路拡大を目的に2013年より、オーストラリアやインド、上海など積極的な海外進出を展開。現在は9ヵ国のアジア地域に出店している。シンガポールには2016年にカンディハウスショップをオープン。翌17年には売上高が前年に比べて約7倍と大幅増、その後も好調に推移しているという。また9月14日には香港でも新規店舗をオープン予定。海外売り上げは2013年と比べて約3倍まで拡大、全体売り上げの約10%を占めるまでに成長している。今後この割合を約20%まで拡大していくといい、積極的な世界発信を強化していく。
 
 店舗は、専売契約を結ぶ地元の家具販売会社、グラファンクトが運営する。7月末よりプレオープンしているが、これまでに比べ来店客数が大幅に増加しているという。
 

写真向かって右から
同社代表取締役 藤田哲也社長,シンガポール代理店Grafunkt Mr.Jefery(Director),国際事業本部 井島俊吾本部長

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP家具のカンディハウス「FUNAN」に拡張移転、リニューアルオープ...