シンガポールのビジネス情報サイト AsiaX熱帯綺羅TOPレトロな瓦屋根派? クールな近未来派? 進化したバス停

熱帯綺羅

2018年8月28日

レトロな瓦屋根派? クールな近未来派? 進化したバス停

バス停でバスを待つ間は、あなたにとってどのような時間でしょうか。乗車予定のバスが何分後に来るかを確認すべく、携帯電話とにらめっこしている人が多いかもしれません。筆者は在星歴が浅い時、降車する停留所が分からず路線図を見ていただけで、親切な地元の人が「どこに行くの?」と助けてくれた経験が何度もありました。バス停が意外にも、地元の人々の人懐こい性格を知るきっかけとなり、彼らとのしばしの交流を楽しむ、そんな場所にもなったのです。
デジタルサイネージ、携帯電話充電ステーション付き停留所へとバス停がどんどん進化している昨今。でも、その昔は雨をしのぐ屋根もなく、疲れた足を休める椅子もない、ただのポールが目印としてぽつんと立っているだけだったとご存知ですか?バス停と、バスを待つ人々の姿は、今と昔でどう違うのでしょうか。今回は、1950年代から着実に変化してきた、バス停の進化についてお届けします。

 

1980〜90年代 トタン屋根バス停 写真提供:Wilson Loo

 

1950年代は「むきだし」のポール

1950年代はじめのバス停は、バス路線の数字が示されたプレートがくっついたポールが、道端にむき出しで立っているだけでした。屋根も椅子もありません。『National Archives of Singapore(シンガポール国立公文書館)』に登録された当時の貴重な写真を見ると、街中にぽつんとたたずむ停留所の周りでバスを待つ地元の人々が、整列せず無造作に群がる様子が残されています。それが1950〜60年代にかけて、初めて屋根付きの停留所が登場。女学生が雨宿りをしながら友達とはしゃぐ様子など、そこでひとときを過ごす人間の交流の場所として機能していた様子も伝わってきました。当時のままの停留所が、タンジョン・パガー・ロードに残されていて、今もバス停として機能しています。オレンジの瓦屋根が特徴で、趣きと重厚感をひときわ感じるバス停です。

 

ジュロン・イースト、ハイテクバス停の停留所標識
瓦屋根が残るタンジョン・パガー・ロードのバス停。1950〜60年代

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaX熱帯綺羅TOPレトロな瓦屋根派? クールな近未来派? 進化したバス停