シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP昨年のシンガポール港湾のコンテナ取扱量が過去最高を記録、今後も増...

経済

2022年1月14日

昨年のシンガポール港湾のコンテナ取扱量が過去最高を記録、今後も増加予定

 昨年、シンガポールの港を通過した20フィート換算(TEU)のコンテナ数は過去最高の3,750万個となり、世界で最も荷物の積み替えが盛んな港となった。
 
 シンガポール海事港湾局(MPA)が1月13日(木)に発表した最新の数字によると、シンガポールで取り扱われた貨物は約5億9,900万トンとなり、Covid-19とサプライチェーンの危機によって通常の輸送パターンが混乱する中、シンガポールの回復力が証明されたことになる。
 
 同時に、給油販売量も史上2度目の5,000万トンを超え、従来のバンカー販売と、より環境的に持続可能な代替物として提唱されている液体天然ガスバンカー販売の両方が含まれている。
 
 これにより、シンガポールはバンカーリング港のトップの座を維持し、バンカーリング売上も同様に2019年と2020年の両記録を上回った。
 
 MPAは、2021年、Covid-19の流行が続いているにもかかわらず、開港し、世界とつながっていた。我々は、海上脱炭素化の推進に伴い、燃料の提供を多様化し続ける。これは、港湾部門だけでなく、海運サービスや海事技術における国際的な海事センターとしてのシンガポールの実績を強く証明するものであるという。
 
 Covid-19が発生したとき、シンガポールの港湾事業への影響は、航空輸送ほど深刻ではなかったものの、コンテナ処理能力は低下した。
 
 2020年、ここの港湾のコンテナ取扱量は、それまでの最高であった2019年の3,720万TEUと比較して、0. 3百万TEU減少した。しかし、昨年末のサプライチェーン危機の際に、他のコンテナ船のルート変更と旅程短縮を支援するキャッチアップ港として位置づけられ、そのコンテナ処理数は力強く回復した。
 
 昨年の3,750万TEUSのコンテナ量は2020年を0.6万TEU上回り、10年初めに記録した3,160万TEUを大きく上回った。
 
 S・イスワラン運輸相は、この結果から、シンガポールの港はCovid-19の後に回復するのに十分な位置にあり、世界の港との競争が激しくなる中でより強くなることができると確信したと述べた。
 
 木曜日に開催されたシンガポール海事財団の新年懇談会では、アジアの台頭により、より多くの資源や物資がアジアに流れ込み、中産階級の需要増に対応できるようになる。また、市場シェアを獲得するためには、シンガポールはデジタル化への投資を続け、人材を集めなければならないという。
 
 イスワラン氏は、オーチャードホテルで開催されたイベントで、今年は、海運のデジタル化を推進するために、新しい港湾システムやプログラムを順次導入していく予定。多くの国でいわゆる “大いなる諦観”が行われている中、海事部門は、人材を惹きつけ、育てるために、賃金、福利厚生、キャリアアップなど、魅力的なパッケージが必要となると述べた。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP昨年のシンガポール港湾のコンテナ取扱量が過去最高を記録、今後も増...