シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP今年はマリーナベイの年越しカウントダウンの花火は中止

社会

2021年12月20日

今年はマリーナベイの年越しカウントダウンの花火は中止

 今年のマリーナベイでの大晦日カウントダウンイベントは、混雑を最小限に抑え、Covid-19の蔓延を防ぐため、花火は打ち上げられない予定である。
 
 その代わり、一般の人々は家にいて、ハートランドのさまざまな場所から打ち上げられる花火を楽しむことができる。シンガポール都市再開発局(URA)によると、ハートランド花火の詳細については、追ってお知らせする予定とのこと。
 
 2005年の開始以来、2年連続で花火なしでカウントダウンを迎えることになる。12月20日(月)、URAの広報担当者は、一般の方は、テレビまたはオンラインで、Mediacorpの2022年のカウントダウン特集を視聴することができ、マリーナベイの花火や風景が紹介されると語った。
 
 マリーナベイ・シンガポール・カウントダウン2022のハイライトは、昨年に引き続き、光のショーで楽しむことができる。シャイン・ア・ライトは、プロモントの床に設置された60本の光のビームが動くもので、12月1日(水)にスタートして、12月31日(金)まで毎晩開催される予定。また、The Fullerton Hotel Singapore、ArtScience Museum、Merlionのファサードが、地元の学生によるオリジナル作品によって変化する光のプロジェクションショー「Share The Moment」も12月26日(日)~31日(金)まで毎晩上演される開催される予定という。
 
 URAの広報担当者は、一般の人々が好きな時間に訪れることができ、境内の混雑を最小限に抑えるために、今月いっぱい特集やショーが計画されていると述べている。URAのチーフ・エグゼクティブであるLim Eng Hwee氏は、今年のカウントダウンは、この困難な時期を乗り越えたシンガポール人のパートナーシップに敬意を表し、シンガポールとシンガポール人全体にとってより良い2022年になることを告げるものである。公衆衛生と安全が優先されるため、12月中は湾内への訪問者を歓迎し、今年の大晦日は自宅で快適にカウントダウンを楽しむことを勧めると述べた。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP今年はマリーナベイの年越しカウントダウンの花火は中止