シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPセムコープ・インダストリーズ、太陽光電力をUBSに10年間供給

電力
経済

2019年9月13日

セムコープ・インダストリーズ、太陽光電力をUBSに10年間供給

 
 コングロマリットのセムコープ・インダストリーズはスイス系金融機関のUBSに、10年間にわたり再生可能エネルギーで生産した電力を供給する契約を交わした。
 
 セムコープは年内に、展示ホールの屋上4万平方メートルに太陽光パネルを1万5,000枚据え付ける。出力は最大6.3メガワットで、UBSは生産された電力の余剰分をすべて買い取る。10年間で2,000万キロの炭素排出の削減に相当するという。
 
 UBSはペナン・ロードの新施設にシンガポール業務を集約する計画で、この施設とチャンギの技術・オペレーションセンターの電力をすべて、再生可能エネルギーで賄う。
 
 UBSシンガポール代表のオーガスト・ハテケ氏は、業務のあらゆる面において責任ある行動を確保するため、常にシステムを改善し、環境保護に努めると述べた。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPセムコープ・インダストリーズ、太陽光電力をUBSに10年間供給