シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP有明の「ビレッジ」ブランドのホテル、ファー・イーストが来年開業

不動産
建設

2019年9月6日

有明の「ビレッジ」ブランドのホテル、ファー・イーストが来年開業

 
 ホテル経営のファー・イースト・ホスピタリティーは9月5日、来年の東京オリンピック開幕前に日本でホテルを開業すると発表した。江東区有明に建設中の「ビレッジホテル有明東京」(306室)で、ビレッジブランドとしてはシンガポール国外初のホテルとなる。施工は清水建設で、4月に竣工の予定。
 
 最寄り駅はゆりかもめ「有明テニスの森」駅。国際展示場の東京ビッグサイト、豊洲市場、競技場の有明アリーナに近い。アーサー・キオン最高経営責任者によれば、日本のホテルは近隣国の中流層からの需要が堅実に増加しており、東京にホテルを開業することでブランド認知度を高めることができるという。
 
 ファー・イースト・ホスピタリティーは4月にセントーサ島でビレッジホテル・セントーサとアウトポスト・ホテル・セントーサを開業した。ベトナムでは不動産デベロッパーのファイブ・エレメント・デベロップメントが建設したホテル2軒の運営を受託した。1軒は所在地がジャパンタウンで、温泉、畳の部屋があり、スズ・ホテルの名称で経営する。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP有明の「ビレッジ」ブランドのホテル、ファー・イーストが来年開業