シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPカカオ加工のグアンチョン、5年で能力倍増へ

食品
経済

2019年5月30日

カカオ加工のグアンチョン、5年で能力倍増へ

 
 カカオ加工大手グアンチョンは、年産能力を今後5年で2倍の50万トンに引き上げる。アジアを中心にチョコレート原材料としての引き合いが増えているためで、主要な出荷先の米国と欧州に加え、急拡大するアジアの需要を取り込む。28日付ニュー・ストレーツ・タイムズが伝えた。
 
 同社の販売量は昨年に前年比で23.9%拡大。2014年からは年平均12.2%のペースで増え続けている。工場は現在、100%に近い稼働率で操業しているという。
 
 チョコレート市場はアジアを中心として世界的に拡大。米調査会社ジオン・マーケット・リサーチは、今後5年間の世界市場の成長率は年平均7%に達すると予測している。
 
 グアンチョンは今年第1四半期の決算で、売上高が前年同期比24.7%増の6億4810万リンギ(約168億7000万円)、純利益が35.1%増の5310万リンギの増収増益を達成。アジア太平洋からの受注増で販売量は17.6%増えた。
 
(提供:亜州ビジネスASEAN

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPカカオ加工のグアンチョン、5年で能力倍増へ