シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPサプラ・リソーシズ、ロールスロイス系エンジン販売へ

航空

2019年5月21日

サプラ・リソーシズ、ロールスロイス系エンジン販売へ

 
 プライベートジェット機の保守などを手がけるサプラ・リソーシズは5月15日、独MTU製エンジンの販売に乗り出すと発表した。MTUは陸・海・産業用エンジンの世界大手で、英ロールス・ロイスの傘下企業。サプラ・リソーシズは、マレーシアにあるMTUの現地子会社に過半出資し、マレーシア国内で販売・保守を行う。
 
 マレーシアにあるMTUパワー・システムズ(MPS)の株式51%を125万リンギ(約3300万円)で取得する。MPSはMTU製エンジンのマレーシアでの独占販売権を保持しており、船舶、鉄道、建機、掘削機、農業、石油・ガス、発電所などさまざまな産業向けに営業を行う。
 
 サプラ・リソーシズは、プライベートジェット機の保守サービスを手がけるほか、不動産開発も行う。ジェット機用の格納庫は3棟所有。今回の出資は事業多角化の一環としている。一方のMTUは、アジアでマレーシア、インドネシア、インド、中国、香港、日本に子会社を持ち、シンガポールのMTUアジアが域内事業を統括している。
 
(提供:亜州ビジネスASEAN

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPサプラ・リソーシズ、ロールスロイス系エンジン販売へ