シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP顔認証アプリ、配車サービスのグラブが導入

IT

2019年4月12日

顔認証アプリ、配車サービスのグラブが導入

 
 配車サービスのアジア大手、グラブは11日、顔認証アプリケーションを導入した。乗客の顔をデータベースに記録するためのアプリで、ドライバーの身が危険にさらされるのを防ぐ。
 
 グラブの配車サービスを利用する人はスマートフォンにダウンロードしたアプリで自分の顔を撮影し、グラブに送ることを求められる。マスク着用など個人の判別が難しい写真は拒否される。
 
 配車サービスを予約すると、申込者のスマホの電話番号とデータベースの情報が照合される。乗客がドライバーに乱暴なふるまいなどをするとデータベースに記録される。
 
 グラブ・マレーシアのショーン・ゴー代表は「犯罪防止に役立つアプリだ」と語った。データベースの情報は乗客の確認にのみ利用し、ドライバーには提供しない。アプリ発表式にはアンソニー・ローク運輸相が出席した。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP顔認証アプリ、配車サービスのグラブが導入