シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPNEC、KL大学とSD-WANの実証実験完了

日系企業

2019年3月29日

NEC、KL大学とSD-WANの実証実験完了

 
 NECは、従来の広域ネットワーク(WAN)をソフトウエアで制御した「SD-WAN」の実証実験をクアラルンプール大学と共同で実施したと発表した。日本の総務省から請け負った「東南アジア諸国連合(ASEAN)におけるSD-WANセキュリティー共通基盤の構築に向けた調査検討」事業の一環で、昨年9月から実施してきたもの。実験の成果を受け、システムを世界に拡販する。
 
 SD-WANは、サーバーやルーターなどで構成されたネットワークに仮想ネットワークを構築し、これをソフトウエアで一元管理することでネットワーク運用の効率化やセキュリティーの向上を図るもの。今回の実証実験では、クアラルンプール大学が持つネットワークにNECのSD-WANセキュリティー共通基盤を導入し、既存のネットワーク上でSD-WANを容易に構築できることを実証。通信トラフィックの可視化や、アプリケーションにあわせた通信経路の最適化、多拠点に分散する機器のセキュリティー設定の一斉変更などが実現できることも確認した。
 
 NECは今回の実験結果を踏まえ、システムを世界で拡販する。既存のネットワーク環境に大きな変更を加えることなく導入可能なため、ユーザーはSD-WAN構築時の初期投資を抑えることができるとしている。
 
(提供:亜州ビジネスASEAN
 

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPNEC、KL大学とSD-WANの実証実験完了