シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP『風が強く吹いている』三浦しをん

Recommended Books

2007年1月1日

『風が強く吹いている』三浦しをん

photo-17 なんとなく手にとって、なんとなく面白そうだと感じた本が本当に面白かったということがある。手前味噌になるが、そんな出会いがあるのが本屋の魅力だと思う。自分で選んだのだという思いがある分だけ愛しく感じる。同じ数ぐらいハズレもあったような記憶もあるような気がするが、些細なこと。

 最近出会ったそういう本が本書で、しかも著者の他の作品は一切読んだことがない。直木賞作家だが興味がなかった。出会いとはそんなものだろう。

 ハイジと走との出会いからこの物語は始まる。個性溢れる10人がおんぼろアパートに揃い、大半は陸上経験すらないというのに箱根駅伝を目指すというのが大筋。マンガみたいと一言で片付けようと思えばできるが、読んでいる間はそんなこと微塵も感じなかった。

 かつて短距離を如何に速く走るかということには興味を持ったことがあるが、長距離を走ることは好きではなかった。むしろ嫌いだったと言っても良い。そんな、長距離ランナーだったこともないし、箱根を目指したこともない私でも一気に読み終えた。

 日本では正月の風物詩にもなっている箱根駅伝。当地では観戦できないので、代わりに本書を読んでみるのは如何だろうか?

 

新潮社

この記事は、シンガポールの日本語フリーペーパー「AsiaX Vol.089(2007年01月01日発行)」に掲載されたものです。
文=茂見

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP『風が強く吹いている』三浦しをん