シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP『白川静 漢字の世界観』松岡正剛

Recommended Books

2009年8月3日

『白川静 漢字の世界観』松岡正剛

photo-3白川静は、漢字の成り立ちと世界観を研究した学者として、漢字研究の第一人者と言われている。『字統』『字訓』『字通』といった代表作があるが、入門書的な書物は無く、どちらかと言うと難解なイメージがあった。この度、新書という読みやすい形で発行されたのが、本書である。

漢字を、単なる道具としての文字として留めるのではなく、文字の歴史、形態そのものに意味があるという氏の研究が、古代の甲骨文、象形文字のイラストとともにわかり易く解説されている。漢字には、文字が生まれる以前の、ことばの時代の記憶があるという。

濃い内容ではあるが、著者の松岡正剛による分かりやすい語り口のおかげで、読み進めるのに苦労することは無い。むしろスラスラ読める。しかし何回でも読み返したい、そんな本である。

 

平凡社

この記事は、シンガポールの日本語フリーペーパー「AsiaX Vol.150(2009年08月03日発行)」に掲載されたものです。
文=シンガポール紀伊國屋書店 氏家

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP『白川静 漢字の世界観』松岡正剛