シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP『暁の寺』三島由紀夫

Recommended Books

2010年3月15日

『暁の寺』三島由紀夫

photo-10久しぶりにワット・アルンを訪れた。他の寺院に比べると格段に美しいと思う。

ワット・アルンを散策していたとき、日本人ツアーがやってきた。ガイドの説明が聞こえてきたが、三島由紀夫の「暁の寺」の舞台になったらしい。実のところ知らなかったので、この機会にと思ってバンコクの紀伊國屋書店で買ってみた。

本書は「豊饒の海」四部作の第三部という位置付けになっている。よって、本来であれば第一部から読むべきなのだが、人間関係は何となく推測できる。

炎天下のバンコクで読んだからだろうか、描写が非常に具体的で、目を閉じればその風景が目前に迫るかのように感じた。一方で、内容は非常に難解。もちろん、第一部と二部を読んでいないことも主たる原因だが、何故?と思うところが少なくなかった。

三島の文章は好きではなかったが、美しくエキゾチックな情景描写を読むだけでも価値がある。

 

新潮社/ISBN:9784101050232

この記事は、シンガポールの日本語フリーペーパー「AsiaX Vol.163(2010年03月15日発行)」に掲載されたものです。
文=シンガポール紀伊國屋書店 茂見

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP『暁の寺』三島由紀夫