シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP早稲田大学・シンガポール稲門会

キャンパス

2010年4月5日

早稲田大学・シンガポール稲門会

p1 (24)今回は「都の西北」早稲田大学同窓会の登場です。当地では「シンガポール稲門会」として活動し、会員数は約170名です。シンガポール稲門会の歴史を紐解くと、設立は今から40年近く前に遡ります。多くの在籍者を輩出してきた当会には、過去に在籍していたメンバーで構成される「シンガポール稲門会日本支部」があり、シンガポール滞在の思い出を持つメンバーでその後も日本国内で交流が続いています。

具体的な活動ですが、大きく次の3つに分けられます。

  1. 飲み会&交流系月例の定期懇親会や不定期でのBBQパーティー、毎年6月の新人歓迎会、そして、12月には会員とそのご家族100名余りが集うクリスマスパーティーを開催しています。もうすぐ6月の新人歓迎会が開催されますので、新たにシンガポールに赴任した方も、すでに来星数年という方もぜひご参加下さい。
  2. アカデミック系会員向けに開設されている中国語講座があります。さらに、早稲田大学や、南洋工科大学とのジョイントMBAプログラムの教授の来星時に、ミニ講座を開いてもらったり、と早稲田らしい(?)アカデミックな面も多々あります。
  3. 体育会系先日、数年ぶりに永遠のライバル三田会とのソフトボール大会を開催。お約束のゴルフイベントとしては、早稲田カップ(総長杯)、そして三田会と合同での早慶リーグやその他大学対抗コンペなどが随時開催されています。また、テニス練習会等も不定期で開催しています。

    様々なイベントを通して、年代や性別を越えて交流ができる、早稲田らしい自由な雰囲気を大事にしています。

p2 (23)

シンガポール在住同窓生の皆さんへ

さかえ通りで飲みつぶれ、大隈講堂前で高歌放吟し、早慶戦の前日に神宮で徹夜をし、「ワセクラ」を必死にめくった日々も気がつけば遥か昔。しかし「集まり散じて人は変われど、仰ぐは同じき理想の光」。久しぶりに同窓同士の気楽な時間を過ごしてみませんか。

お問い合わせ先

 

(事務局)玉田

Tel: +65-9634-8975

Email:tamada@waseda.jp

同窓会ウェブサイト:http://sg-tomonkai.soc.or.jp

この記事は、シンガポールの日本語フリーペーパー「AsiaX Vol.164(2010年04月05日発行)」に掲載されたものです。
文= 早稲田大学・シンガポール稲門会

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP早稲田大学・シンガポール稲門会