シンガポールのビジネス情報サイト AsiaX熱帯綺羅TOP立体式野菜栽培システムを導入した スカイ・グリーンズのシンガポー...

熱帯綺羅

2015年11月2日

立体式野菜栽培システムを導入した スカイ・グリーンズのシンガポール産野菜

 

新鮮、安心、美味しい!と信頼を得た野菜ブランド

フェアプライス・ファイネストなどで購入できる同社野菜のパッケージ。立体式というめずらしい栽培方法のため、値段は輸入野菜よりわずかに高いが(比較例:輸入野菜1.50Sドル、同社野菜1.80Sドル)、新鮮さと安全性は折り紙付き。

「INDEX : Design to Improve Life」主催のコンベンションで優秀賞を獲得した時の1シーン。(写真提供:スカイ・グリーンズ)

出荷された野菜は、フェアプライス・ファイネストなどで購入できますが、人気のためすぐに売り切れてしまうそう。「スーパーマーケットでスカイ・グリーンズのパッケージを見つけたら、売り切れる前に一度手に取ってみてください。新鮮さ、みずみずしさ、食べれば美味しさを実感できることでしょう」と、同社会長のニアム・トンタウさんは語っていました。現社長のジャックさんは「最新技術を持って開発された同システムは、コスト削減も可能なので自信を持って勧められます。これからも、価値ある革新を生み出していきます」と笑顔を見せていました。
ジャックさんにはもう1つ、大きな夢があるといいます。それは、食物をはじめ多くを輸入に大きく頼っているシンガポールで、若者たちがもっと積極的に新しい技術に携わり、オリジナリティあふれる商品を増やしてほしいというもの。スカイ・グリーンズは、アイデア1つでシンガポールに新たな希望をもたらしてくれました。シンガポール産農産品がまだ少ない今、シンガポールはこれからが国産品の市場化が期待される時代だと言えるかもしれません。

 

この記事は、シンガポールの日本語フリーペーパー「AsiaX Vol.291(2015年11月02日発行)」に掲載されたものです。

取材:有田 紳介

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaX熱帯綺羅TOP立体式野菜栽培システムを導入した スカイ・グリーンズのシンガポー...