シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPゴム手ハルタレガ、3年で6.3億リンギ投資へ

経済
建設

2019年7月30日

ゴム手ハルタレガ、3年で6.3億リンギ投資へ

 
 ニトリル手袋世界最大手のハルタレガは、設備投資などの資本的支出(CAPEX)に向こう3年で6億3000万リンギ(約166億円)を投じる。ムン・レオン社長が25日明らかにしたもので、新工場の建設や自動化などに充てる。ザ・スター・オンラインが伝えた。
 
 首都圏セランゴール州セパンの生産拠点で第6、第7工場を建設する。第6工場は2020年第1四半期、第7工場は同年第2四半期に開所予定。インダストリー4.0(第4次産業革命)分野には1億1500万リンギを充てる方針で、工場自動化やIoT(モノのインターネット)などの技術を使い、生産効率の向上を図る。
 
 セパンの生産拠点の敷地面積は48万5600平方メートル。これまでに18億リンギを投資した。生産ライン60本、従業員7700人を擁し、毎時4万5000枚のゴム手袋を生産している。
 
(提供:亜州ビジネスASEAN

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPゴム手ハルタレガ、3年で6.3億リンギ投資へ