シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPMRTトムソン・イーストコースト線にメモリアル駅

建設

2019年1月8日

MRTトムソン・イーストコースト線にメモリアル駅

シンガポール陸運庁(LTA)は1月7日、MRT(地下鉄・高架鉄道)トムソン・イーストコースト線(TEL)に新駅を建設すると発表した。タンジョン・ルーとガーデンズ・バイ・ザ・ベイ間で、シンガポールの建設に携わった人物を記念し「ファウンダーズ・メモリアル」と命名する。

 

駅舎に隣接して記念館を建設する。駅舎、記念館とも2025年に開業の予定だ。LTAは駅舎建設工事を中国中鉄一局に2億4,240万Sドル(約194億円)で発注した。

 

LTAはNELカトン駅舎の建設状況についても発表した。駅舎敷地が限られているため、1つのプラットフォームの上に別方向のプラットフォームを建設する構造で、駅舎建設で初めて、トンネルボーリングマシン(トンネル掘削に用いる機械)を使用した。

 

NEL第1期は北部ウッドランズ・サウスからウッドランズ・ノースまでの3駅で、年内に開業の予定。第4期まで段階的に開業し24年に全面開通する。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPMRTトムソン・イーストコースト線にメモリアル駅