シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP第15回南アジア少年軟球野球大会、22チームが熱戦繰り広げる

日系社会

2018年10月30日

第15回南アジア少年軟球野球大会、22チームが熱戦繰り広げる

第15回南アジア少年軟球野球大会が10月27・28日、シンガポール・アメリカン・スクールで開催された。15週年の記念の年を迎えた大会には、開催国シンガポールをはじめ、タイ、ベトナム、マレーシア、インドネシア、フィリピン、インドから22チームが出場し、途中雷による中断をはさみながらも、熱戦を繰り広げるとともに、国際親善を深めた。

 

 

最年長のU12の部では、バンコク・サンダース(タイ)とBCSエンジェルス(シンガポール)が決勝戦に進出し、接戦の末、5対4でサンダースが優勝の栄冠を手にした。また、U10の部では、SASイーグルス・レッド(シンガポール)、U8の部ではBCSヤングスターズ(シンガポール)がそれぞれ優勝した。

 

各部の順位は下記の通り。

 

【U12の部】
優勝 Bangkok Thunders (タイ)
2位  BCS Angels (シンガポール)
3位  BCS Lions (シンガポール)
4位  SAS RED(シンガポール)
5位  Indonesia Garuda (インドネシア)/ Harimau Fighters(マレーシア)
7位  Saigon Phoenix (ベトナム)/ Rusa Hitam (インドネシア)
9位  Philippines BUHAWI (フィリピン)
10位 India Pony(インド)
11位 SAS White(シンガポール)
12位 Singapore Pony (シンガポール)

 

【U10の部】
優勝 SAS RED(シンガポール)
2位  BCS Wolves(シンガポール)
3位 Indonesia Lorenz (インドネシア)
4位  Indonesia JJC(インドネシア)
5位 Harimau Tigers(マレーシア)
6位 SAS White(シンガポール)
7位 Singapore Pony(シンガポール)

 

【U8の部】
優勝 BCS Young Stars(シンガポール)
2位  SAS White(シンガポール)
3位 Harimau Carp Jr. (マレーシア)

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP第15回南アジア少年軟球野球大会、22チームが熱戦繰り広げる