シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPジョホールの港湾、ハラル食品の流通ハブとして振興

貿易

2018年10月30日

ジョホールの港湾、ハラル食品の流通ハブとして振興

【ジョホールバル】ジョホール港湾庁は州内の2港(ジョホール港とタンジョン・プルパス港)をハラル(イスラムの要件を満たした)食品の流通ハブとして振興する計画で、10月29日、イスカンダル・ハラル・パークと協力覚書を交わした。同パークではハラル食品が生産されており、ハラル食品の流通に速やかに対応できる環境を整備する。

 

イスカンダル・ハラル・パークはジョホール州政府とユナイテッド・マラヤン・ランドが共同で開発したハラル工業団地で、イスカンダル・マレーシアの東側回廊に位置している。

 

港湾庁のムハンマド・ラジフ運営責任者は、両港の国際競争力を引き上げるには、迅速な通関の実現など関係政府機関の積極的関与が欠かせないと述べた。

 

出典;ザ・スター、ベルナマ通信

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPジョホールの港湾、ハラル食品の流通ハブとして振興