シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPシンガポール、通関・貿易システムを統合したトレード・プラットフォ...

貿易

2018年9月27日

シンガポール、通関・貿易システムを統合したトレード・プラットフォームが稼働

通関・貿易システムを統合した新たなシステム、ネットワーク・トレード・プラットフォーム(NPT)の稼働式が9月26日、行われた。輸出入に必要な4つの行政認証サービスを統合したオンライン・プラットフォームで、貿易にかかわる25種の第3者サービスも利用できる。現在運用されている自動通関システムのトレードネットとトレードエクスチェンジは最終的にNPTに統合される。

 

書類手続きをすべてデジタル化することで、生産性の引き上げを図る。現在、1件の貿易の処理には少なくとも25者が関与し、30~40の書類作成を伴い、情報の最大70%は手作業による再入力が少なくとも1回は必要だ。

 

NPTは行政監督面のシステムと産業界のシステムをつないだもので、経済に変革をもたらす潜在性があるという。

 

シンガポール関税局と政府技術庁が中心になって4年をかけ、NPTを開発した。利用料は月40Sドル(約3,300円)。通関に必要な書類はプラットフォームのクラウド式サーバーにアップロード・保管される。

 

プラットフォームにはオンラインマーケットが開設されており、ユーザーは、売掛金担保融資、保険、輸送など第3者が提供する付加価値サービスを利用することができる。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPシンガポール、通関・貿易システムを統合したトレード・プラットフォ...