シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOPホランドビレッジ

エリア

2018年4月25日

ホランドビレッジ

 

欧米人御用達の飲食店、服や雑貨の店などが多く、しゃれた店の集まる場所が少なかった10年前には「シンガポールの代官山」と呼ぶ人もいたホランドビレッジ。島内におしゃれスポットが増えた今はわざわざ訪れる人は減ったものの、依然、欧米人は多く、他の街と少し異なる雰囲気を持つ。

 

Chip Bee Gardens

ホランドビレッジを象徴する建物群

今も昔もホランドビレッジを象徴する建物はChip Bee Gardensと言えるだろう。ホランドビレッジには、1930年代から、アレクサンドラ、パシルパンジャン、デンプシーヒルにあったイギリス軍の拠点で働く軍人とその家族向けの店が点在しており、1950年代には彼らの住居とレクリエーション施設として、アパートメント、セミデタッチドハウス、ショップハウスが建てられ、Chip Bee Gardensという総称をつけられた。増加したイギリス人の需要を満たすための店が周辺に集まり出したのをきっかけに、今に至る、欧米色の強いホランドビレッジという街ができ上ったのである。そのChip Bee Gardensは現在ショップハウスの1階が改装され商業施設が入り、おしゃれな通りとして知られる。

 

 

 

長らく愛されるイタリアンピザ・バーのDa Paolo Pizza Barは開放的で雰囲気が良く、ワインを傾けながらのんびり過ごすのに最適。(写真左上)

 

Our Second Natureはオリジナルプリントとシンプルでありながらきれいなラインが際立つファッションブランド。(写真右上)

 

材料にこだわり、すべて手作りというSunday Folksは品のある繊細な味のスウィーツが人気で店内はいつもにぎわっている。(写真左)

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOPホランドビレッジ