シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP建設ガムダ、豪州の鉄道建設会社に出資

建設

2019年10月4日

建設ガムダ、豪州の鉄道建設会社に出資

 
 建設大手ガムダは10月2日、鉄道建設を手掛ける豪マルティヌス・レールの株式50%を取得する契約を交わした。共同で豪州の鉄道建設事業の受注を目指す。3日付ニュー・ストレーツ・タイムズなどが伝えた。
 
 今後は現地法人のガムダ・エンジニアリング・オーストラリアがマルティヌスと組み、同国で鉄道工事の入札に参加する。今後1年ほどで総額200億豪ドル(約1兆4400億円)以上の事業への入札を目指す。
 
 マルティヌスは同国東部のクイーンズランド州、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州で鉄道建設を手掛け、これまで建設した事業の規模は総額2億豪ドルを超える。一方、ガムダはクアラルンプール首都圏の鉄道建設などを手掛けている。
 
(提供:亜州ビジネスASEAN

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP建設ガムダ、豪州の鉄道建設会社に出資