シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPトタン板のサラワク州企業、マレーシア半島進出を計画

経済
建設

2019年2月26日

トタン板のサラワク州企業、マレーシア半島進出を計画

 
 サラワク州クチンを拠点とするトタン板、建材メーカーのYKGIホールディングスはマレーシア半島に生産工場を設ける計画だ。生産品目も増やす。
 
 ソー・ティアンライ副会長によると、子会社のアスティール・グループが合弁、あるいは企業買収を通じマレーシア半島での生産業務を手掛ける。
 
 既存工場は同州とサバ州にある。コイル材、波型トタン板などを生産しており、ロールフォーミング加工技術を採用している。
 
 ほかの建材では、ドア枠、窓枠、日よけ製品などの生産にも乗り出す。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPトタン板のサラワク州企業、マレーシア半島進出を計画