シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP外国人入国者、通年で1,700万人を突破の可能性

経済

2017年12月25日

外国人入国者、通年で1,700万人を突破の可能性

シンガポール政府観光局(STB)によると、1~9月の外国人入国者数は前年同期比5%増の1,305万人(速報値)で、中国人が10%増の249万人と最多だった。2位はインドネシア人で2%増の217万人。

 

 通年ではSTBは1,640万~1,670万の外国人入国者、251億~258億Sドル(約2兆1157億~2兆1747億円)の観光収入を見込んでいるが、これまでと同じペースが続けば、入国者は1,700万人を超える可能性もある。

 

 ホテルの客室収入は推定23億9,000万Sドル(2,014億5,000万円)で、2%の減少だった。平均客室料金は1%低い233Sドル(約20,000円)、稼働率は1ポイント高い86%だった。1室当たり平均客室収入は前年同期と同じ201Sドル(約17,000円)。

 

 平均客室料金はエコノミーホテㇽが1.3%増の102Sドル(約8,500円)、豪華ホテルが0.2%増の446Sドル(約38,000円)。ほかのランクのホテルは料金が低下した。客室供給の増加が影響した。

 

 来年は新規客室供給の伸びが鈍化する見通しだ。来年についてCBREホテルズのマッキントッシュ氏は、客室稼働率はやや低下するが、料金は安定的に推移する。法人需要は回復すると予想している。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP外国人入国者、通年で1,700万人を突破の可能性