シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPオンライン広告の透明性確保、5グループが覚書

経済

2017年11月27日

オンライン広告の透明性確保、5グループが覚書

【クアラルンプール】オンラインでニュースを発行しているメディア部門の主要5グループは、オンライン広告スペースの販売、ブランドイメージの維持で協力するための覚書を交わした。マレーシア・プレミアム発行者マーケットプレース(MPPM)を設立する。

 

参加したのは、スター・メディア、メディア・プリマ・グループ、マレー語メディアのウトゥサン・ムラユ、中国語メディアのメディア・チャイニーズ・インターナショナルおよびエッジ。

 

来年2月をめどに広告取引所を設立する、閲覧回数を増やすための措置を講じ、また広告主の利益保護のための規則を策定する。取引所の透明性確保のため広告スペースの管理は第3者に委託する。

 

マレーシア新聞発行者協会のジャリル会長によると、アジア太平洋地域の1~10月のオンライン広告収入は前年同期より12億3,000万米ドル(約1,371億2,200万円)増えたが、92%に当たる11億3,000万米ドル(約1,259億7,400万円)はグーグルとフェイスブックが得た。

 

出典:ザ・スター

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPオンライン広告の透明性確保、5グループが覚書