シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPシンガポール、スマート工場への脱皮を支援、製造業者向け指針の運用...

国際

2017年11月15日

シンガポール、スマート工場への脱皮を支援、製造業者向け指針の運用開始

シンガポール経済開発庁(EDB)はドイツのテュフズード(TUV・SUD)との提携を通じ、製造業者が未来の工場というべき「スマート」工場を構築するのに役立ててもらう新たな指針の運用を開始した。インダストリー4.0(第4次産業革命)を取り込んだ。テュフズードは、認証、試験、検査、トレーニングを提供している第3者認証機関。

 

指針は「シンガポールスマート産業レディネス指数」で、インダストリー4.0について学び、自社工場の状態を評価し、転換を図るための行程表開発のツールとして利用してもらう。

 

テュフズードのステップケン理事長は「指数は製造業者にとり、インダストリー4.0について理解し、どう改革を進めるべきかの道案内となる」と語った。

 

指数を利用することで企業は自社の工程、システム、構成など分析し、段階を踏んで改善を図ることができる。指数は多数の中小企業、多国籍企業が試験採用し、有用性が証明されている。

 

EDBの担当者リム・コクキアン氏は「シンガポール製造業者の競争力強化が指数の狙い」と述べた。

 

指数を試験導入した1社、ピープル・ビーフンのデスモンド・ゴー取締役は「指数を参照することで、インダストリー4.0は自動化以上の意味があることを知った。データの活用も含まれており、いつ機会を保守する必要があるか、どの商品の需要が高まっているかをリアルタイムで知ることができる」と語った。

 

指数を理解してもらうため、EDBとテュフズードは無料のワークショップを4回、開催する。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPシンガポール、スマート工場への脱皮を支援、製造業者向け指針の運用...