シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP今年のチャンギ空港利用客、過去最多を更新の見通し

経済

2017年10月30日

今年のチャンギ空港利用客、過去最多を更新の見通し

航空需要の増加を背景に、この先チャンギ空港発着便が急増するため、今年の空港利用旅客(乗り継ぎ客を含む)は過去最多だった昨年の5,870万人を上回る見通しだ。

 

北半球では冬の旅行シーズンが始まったが、年末までに週130近いフライトがチャンギ空港に新たに導入される予定で、18の目的地に対し2万6,400の座席が供給される。

 

増加分の80%はアジア路線で、中国と東南アジアの二級都市への便が特に多い。域外路線では、米ユナイテッド航空が29日、シンガポール・ロサンゼルス直行便を開始。シンガポール航空(SIA)の格安航空部門子会社、スクートは近々ホノルル線に乗り入れる。

 

航空需要が特に増加しているのが中国とインド。さらに東南アジア諸国連合(ASEAN)の航空自由化で域内便も増加している。

 

新路線では、シンガポールの旅客は中国のハルビン、石家荘、煙台に直行便で訪問することが可能になった。年末までには13航空会社の運航で、シンガポールと34の中国の都市が結ばれる。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP今年のチャンギ空港利用客、過去最多を更新の見通し