シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPシンガポール、リー首相が3日間の日程で訪中、李首相と会談

政治

2017年9月21日

シンガポール、リー首相が3日間の日程で訪中、李首相と会談

リー・シェンロン首相は9月19日,3日間の日程で中国を公式訪問した。同日、人民大会堂で李克強首相と会談し、2国間関係の強化で合意した。

 

両首脳は45分にわたり会談。李氏は「両国関係は相互尊重、同等の間柄を基盤に構築されており、両国の人民にプラスをもたらしてきた」と語った。

 

両国はハイレベルでの交流が盛んだ。現在、2国間自由貿易協定(FTA)の見直し作業が進められており、両首脳は進展が見られることに歓迎を表明した。国レベルのプロジェクトとして両国間では、蘇州工業団地、天津エコシティーが推進されており、3件目は重慶で実施する。

 

シンガポールは来年、東南アジア諸国連合(ASEAN)の議長国となるが、リー首相は、議長国としてASEAN・中国関係の強化を図ると表明した。

 

リー首相訪中は、10月18日に開催の中国共産党の5年に1度の党大会前とのタイミングで、中国外務省アジア局のバイ・ティアン次長は「きわめて重要な政治的シグナル」とシンガポールを重視していることを強調した。

 

リー首相は20日、習近平国家主席、全国人民代表大会常務委員長の張徳江らと会談する。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPシンガポール、リー首相が3日間の日程で訪中、李首相と会談