シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPトニー・タン大統領が離任、最大の出来事は50周年と初代首相の死去

政治

2017年8月31日

トニー・タン大統領が離任、最大の出来事は50周年と初代首相の死去

〈シンガポール〉
トニー・タン第7代大統領が8月31日午後をもって6年の任期を終えた。夕刻にはリー・シェンロン首相主催の送別夕食会が閣僚、議員らが出席して開かれ、大統領夫妻に別れの挨拶をする。

 

9月1日から新大統領が就任するまでの間、大統領顧問委員会のJYピレー委員長が大統領代行を務める。ピレー氏は元官僚トップで、シンガポール航空(SIA)を育て上げた実績の持ち主。

 

7月に行われた離任会見でタン大統領は「大統領としてしなければならない任務の遂行で最善を尽くした。6年間、みなさんの大統領として仕えることができたのは名誉なこと」と述べた。

 

就任したのは2011年9月1日で、大統領選挙前の国会議員選挙では野党が躍進。大統領選でもタン氏の得票率は35.2%と予想を大きく下回り、薄氷の勝利だった。

 

任期中には、リー・クアンユー初代首相の死去、独立50周年、リトルインディアでの外国人による暴動、初のオリンピック金メダリストの誕生、大統領選挙制度の抜本改革など重要な出来事があった。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPトニー・タン大統領が離任、最大の出来事は50周年と初代首相の死去