シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP大統領選挙の日程決まる、指名推薦日は9月13日

政治

2017年8月29日

大統領選挙の日程決まる、指名推薦日は9月13日

〈シンガポール〉
選挙委員会は8月28日、次期大統領選挙の日程を発表した。リー・シェンロン首相が選挙実施命令書を発したのを受けたもので、複数候補が指名推薦を得ることができれば、9月23日に投票が行われる。

 

今回はマレー人から大統領を選ぶ選挙で、シンガポールで2人目のマレー人大統領となる。有権者数は250万人。選挙委員会は立候補を届け出ている3人に候補資格があるかの審査を行い、12日までに当人に通知する。

 

立候補資格を認められた者が1人の場合、指名推薦日の13日にその者が大統領当選証書の交付を受ける。投票が行われる場合、23日は公休日とされる。選挙運動期間は21日までの9日間で、投票前日は選挙運動の熱気を冷ますための日とされる。

 

立候補を届け出たのは、海洋サービス会社会長のファリド・カン氏(61)、前国会議長のハリマ・ヤコブ氏(女性)、不動産会社最高経営責任者(CEO)のサレー・マリチャン氏(67)。ファリド・カン氏、サレー・マリチャン氏とも立候補資格を一部満たしておらず、大統領候補にふさわしいかは選挙委員会が判断する。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP大統領選挙の日程決まる、指名推薦日は9月13日