シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP「自分のペースで学習」、来年からオンライン学習スペース計画を開始

IT

2017年8月17日

「自分のペースで学習」、来年からオンライン学習スペース計画を開始

〈シンガポール〉
教育省は来年、学生学習スペース(SLS)計画を初等学校、中等学校、ジュニアカレッジで実施する。学生が自分のペースで学習を進めることのできるオンラインプラットフォームで、教師の側も最善と思われる慣行を共有し、またほかの学校の教師と共同で教材を作成することが可能になる。

 

計画の試験実施校は62校で、このうちの1校、アドミラルティー・セカンダリーを訪問した際、ン・チーメン教育相が発表した。プラットフォームで扱う科目は、英語、母語、数学、歴史、体育で、動画、シミュレーション、ゲーム、アニメ、簡単な質問などを利用して学習を進める。

 

学生は通っている学校に関係なく、同一の教材から学べるため、学校間格差の是正に役立つと期待されている。教育省は業界など外部と共同で教材を開発した。学校で教える概念に現実世界の感覚を加えるものとなっている。

 

質問に対する回答はリアルタイムでモニターされる。教師はこれを元に学習の進展度合いを判断し、教授内容を調整することができる。

 

教育省と政府技術庁は学校と協力し、試験運用から得られた知見をプラットフォーム改善に役立て、その後全国展開する。与党議員のデニス・プア氏は「望ましい学習・教授資源が特定の学校の所有物にとどまらず共有されることになる」と述べた。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP「自分のペースで学習」、来年からオンライン学習スペース計画を開始