シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP【動画あり】THE PAVILIONで空手道選手権大会開催 40...

日系社会

2017年6月6日

【動画あり】THE PAVILIONで空手道選手権大会開催 400人近くが集まる

 

アジア各国の空手選手がその腕前を競う、第5回オープントーナメント シンガポール空手道選手権大会が、6月3日にMRTテロックアイヤー駅近くにあるTHE PAVILIONで開催された。各国のWKO(世界組手連盟)や芦原会館などから70人以上の選手が集まり、日頃の練習の成果を披露した。会場には、ローカルや日本人の観客400人以上が詰めかけた。

 

IMG_4023
IMG_4032

試合形式は直接打撃制による体重無差別トーナメントで、一般男子・女子、少年男子・女子および型を競う部門が設けられた。会場は立ち見も出るほどの盛況ぶりで、試合中に技が決まると歓声が挙がった。試合の合間には、和太鼓の演奏や、アルビレックス新潟シンガポールのチアリーダーによるパフォーマンス、さらに師範による演武なども行われた。

 

IMG_4071
IMG_4148

一般男子の部で優勝したのは、WKOシンガポールに所属する空手歴12年のハリズ・アダムさん(25)。アダムさんは「目の前にいる相手ひとりひとりにしっかり対処することを意識していたが、まさか優勝できるとは思わなかった。来年はシンガポールでアジアトーナメントが開催されるので、そこでもいい成績を残せるよう頑張りたい」と話した。

 

IMG_4177
IMG_4183

 

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP【動画あり】THE PAVILIONで空手道選手権大会開催 40...