シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPマレーシアが原油2万バレル減産へ、OPEC合意受け

経済

2017年5月31日

マレーシアが原油2万バレル減産へ、OPEC合意受け

〈クアラルンプール〉
マレーシアは石油輸出国機構(OPEC)の決定を受け、原油の日産量を2万バレル減産することを決めた。オーストリア・ウィーンで5月25日に開催されたOPECと非加盟産油国の会議では、減産措置を来年3月まで9カ月間延長することが決まった。
会議に出席したアブドル・ラーマン・ダーラン首相府相は、原油の国際価格を安定させるための努力の一環だと説明。「ペトロナスと協議した結果、他の会議参加国との間で合意した水準と同じ1日当たり2万バレルの減産を約束した」と述べた。

出典:マレーシアナビ!
http://www.malaysia-navi.jp/

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPマレーシアが原油2万バレル減産へ、OPEC合意受け