シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPスター紙が編集幹部の役職停止、警察は捜査を開始

社会

2017年5月31日

スター紙が編集幹部の役職停止、警察は捜査を開始

〈クアラルンプール〉
イスラム教徒はテロリストと連想させる結果になったスター紙の紙面構成について、警察が捜査開始を宣言したことから、同紙はゴー・リーイェン編集主幹とドライラジュ・ナダソン編集長の職務停止を決定した。捜査に協力することになるという。

 
スター・メディア・グループ代表のウォン・チュンワイ最高経営責任者が編集責任者の職務に当たる。

 
同紙は5月27日付一面に、全段抜きで「マレーシア人テロ指導者」との記事見出しと前文を掲載。その下に、イスラム教徒がラマダン入りの祈祷をささげている、全段抜きの写真を掲載した。

 
カリド・アブ・バカル警察長官は30日、多数の市民から記事について届け出があったとし、扇動法に基づき紙面構成の責任者を突き止めるための捜査を開始したと発表した。
(ザ・スター、ザ・サン、ニュー・ストレーツ・タイムズ、5月31日)

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPスター紙が編集幹部の役職停止、警察は捜査を開始