シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPUMWホールディングス、今年度7.6億リンギの資本投資

経済

2017年5月29日

UMWホールディングス、今年度7.6億リンギの資本投資

〈クアラルンプール〉
複合企業のUMWホールディングスは、今年度(2017年1―12月)中に7億5,600万リンギ(約197億円)の資本投資を計画している。5月25日に開催された年次総会でバドルル・フェイサル・アブドル・ラヒム社長兼最高経営責任者(CEO)が明らかにした。

 
3億7,300万リンギ(約97億円)を自動車部門、2億7,100万リンギ(約71億円)を機器部門、6,900万リンギ(約18億円)を製造・エンジニアリング部門、4,300万リンギ(約11億円)をその他に割り当てる。

 
セランゴール州ブキ・ラジャで建設する新工場が2019年に完成すれば、現在7万5,000台となっているトヨタ車の生産能力が2倍超になる見込み。新工場の年産能力は当初5万台でスタートし、最大で10万台に引き上げる。新工場開設によりさらに多くの車種を生産する。

出典:マレーシアナビ!
http://www.malaysia-navi.jp/

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPUMWホールディングス、今年度7.6億リンギの資本投資